WindRose

音楽とか映画とか

改めて聞く音楽②

この前はSTRAIGHTENERを紹介というか、STRAIGHTENER思い出話を行ったのですが、今回はビークルです。

ビークル、BEATCRUSADERS。がいなかったら私はあぶらだこゆら帝もマッドカプセルマーケッツもブンブンサテライツもthe La'sも知らないまま日々を過ごしていたことでしょう。

きっかけは中学生のときに聞いたヒダカトオル氏のラジオです。それまでHit In the USAがめっちゃ流れてて、近所のTSUTAYAにいったらBESTCRUSADERSがおいてあって、何これもうベスト出してるの重鎮じゃん!と思って調べてみたらあれよあれよというまにラストラムレコードを知りUmuさんのソロアルバムとコムゾウを聞く毎日。

ヒダカトオル氏のラジオはめっちゃ深夜ラジオっぽくて、乙女のハートわしづかみされた。音楽愛とウィットに富んでいて、たまに毒舌をはく一時間はあっという間だった。

メロコア、パンクの残り香と叙情ロック、ネオアコ、英語詞と日本語詞、なんでも吸収してBEATCRUSADERS(とかGallowなどなど)に還元していく様は漢(とかいてオトコとよむ)に溢れていた。

自らのバンドがメジャーになってもAsparagusやbandapart、ユアソン等々と交流を絶やさず、スプリットアルバムを出し、オーディエンスにとって彼らはいわばインフルエンサーとなった。

とか書いてるけど要するに私にとって音楽界の先生であって、「○○ばっか聞いてんなよ、これも聞いてみろよ」みたいな存在でした。彼らがいたからこそ、私のなんでもとりあえず聞いてみよう、話はそれからだという姿勢ができあがったのかもしれない。

 

でも、やっぱり音楽の聞き方は人それぞれ。○○?何それ聞かない」とか「○○神でそれ以外はクソ」「まだ○○聞いてんの?」 などという人を見ると(´・ω・`)←こんな顔になってしまう。 

最近日本にはおしゃれでスマートなバンドがたくさんいて、ほんとすごいなぁと思うんだけど、そろそろおせっかいでへんてこりんで音楽愛に溢れるバンドがでてきてもいいんじゃないかなと思う。そんなバンドがあったら教えて下さい。